読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元タクシー運転手から泥沼にハマった男のブログ

30代元タクシー運転手が農家になる途中

人生において「逃げ」とは何か?

精神・自己受容

少し前、久しぶりに曇って天候が悪くなり、気圧も下がり、やけに内向きになる状況。

 

そんなわけで、久しぶりに「自己肯定」みたいなことについて考えている。

 

僕は一昨年、農業で稼げるようになる、という目標を持って、東京でのタクシー運転手を辞め、こちらに引っ越して来た。

 

しかしそれを当初周囲の人に伝えたときに、「逃げだ」と言われた。おそらく辞める理由に、道路を走ってると子供が飛び出てきてそれからまともに運転できなくなった、トラウマだもんうわーん、と言い訳じみたことを挙げたからというのも大きいと思う。こちらに来て初めて会った人に経緯を話したときにも言われた。「逃げて来たんだね」と。

 

嫌なこと言うなぁと思ったが、嫌だと感じるということは図星なんだと思う。もっともな理由をつけても、本来プロの運転手なら、子供を見つけたら飛び出てくることを予期してそれなりに対応をしなければならないのだ。僕はそれができなかったし、その覚悟が持てなかった。そして、その他色々、仕事上で嫌な気持ちになることから逃げたのかも知れない。「逃げてきたんだね」と言われたときに「どこが逃げなんですか⁉︎」とは反論できなかったのが証拠。

(※ちなみに轢いてしまったわけではない)

 

僕は高校時代、とある部活の強豪校に進学した。中学時代にそこまで結果が出たわけでもない。県大会にも出ておらず、推薦があったわけでもないのに。

新入生は入学式より前に練習に参加するのが慣例だった。そこで、人生で初めていがぐり頭にした僕は周りの同じ新入生のプレーを見て「こりゃ勝てないな」といろいろ打ち砕かれた。初日にして。

が、そのような態度は決して表には出さず3年間部活をやり通した。それを認めてしまうとそれまでやってきた自分のアイデンティティが崩れるから。3年間、レギュラーを目指していたように見せていた、周囲には。しかし自分では、自分に「ダメ」な烙印をバシバシ押していた。当然レギュラーには一度もなれなかった。

そのことを突き詰めると、結局自分のことをダメな人間だと決めつけていたのだ。

 

僕はそのとき、自分と真剣に向き合わず、自分から逃げたのだ。

そしてその後も。

 

ただ、だからと言って自分を責めることもないと、今になってだが思えるようにはなった。

 

人生において、逃げの最たるものが自殺だと思う。僕自身、昔から思い悩むほうだったし、初めて死にたいと思ったのは小学校4年生のときだったのを覚えている。何があったのかは覚えていないのだが。

特に社会に出て最初の仕事を辞めてからはよく考えた。自分は本当に生きる価値があるのか、と。もちろん自殺する人というのは「逃げ」というよりも、正常な判断ができない精神状態だというのが一番大きいと思う。

 

ただ、ここで言いたいのはそういう場面での「逃げ」という言葉の負の力についてである。明らかにその言葉にはマイナスな圧力がかかっていて、言われたほうは確実に落ち込んでしまう。「それは逃げだな」と責めるのはほぼ100%、人生で失敗をしたことのない人か、失敗を

 

***

 

今自分の人生や生活から逃げたいと思っている人に言いたいのは、

 

 「今後の決断、それについては自己責任だよ」 

 

ということである。一見キツイと反射的には考えがちだが、それは少し考え直して欲しい。

 

というのは、「自己責任論」っとひとくくりにすると、少し違うというのがまずある。

 

「これまでの過去の経過、結果」については、あなただけではなく、周りの人や環境の影響が多分にあるはずた。

 

しかし「これからの決断」については、あなたは1500ccぐらいの脳みそを持ち、決断できる裁量を持っているということだ。過去の辛い経験があろうとも。もっというと、その辛い経験を加味できる能力を持っている。

 

もちろん、傷つけられた過去の傷は、あなたの両親によるものかも知れない。友人からのあのときのトラウマが、今のあなたの生活の歯車を狂わせたのかも知れない。

 

でも、「狂った」と思うぐらいなら捨てちゃえと僕は考える。

 

今のあなたにとって大事なのは、正しかろうが狂わされようが過去ではなく、あなた自身に決定権のある未来だからである。

 

なーんでこんなクサイ言葉を吐いてるのかと自分でも思うが、これはやはり僕自身が、成人してからやっと自分の人生を歩み始められたと思っているからだ。

今は借金は過去最大に膨れ上がっているけれど、この自分感というべきか、自分で意思決定していってる感も過去最大だ。これこそが人生 =「人を生きる」ということではないかと思うのだ。何かに理由をつけて、自分以外のせいにできる余地を残して生きているうちは、なかなかそういう「自分感」は得られないような気がする。

 

***

 

人生において「逃げ」とは、まず悪いことではないということ。「攻め」も「逃げ」もなく、自分で決定すること。そして、決定した自覚がありながら生きること。これが一番大事なのではないだろうか。

 

 

P.S.

女生は正直よく分からないけれど、特に男は「逃げている」という言葉を言われるとムカっと来る性質が、今の日本の空気感でもまだあると思う。本当は、追い詰められているのなら、自殺するぐらいなら、逃げてもいいのに。

 

その逃げたあとの人生を引き受けられるかどうか、それがその当人にとって重要なはずだ。

 

考えすぎ、先を見過ぎて失敗した感のある僕から見たひとつの人生論です。

 

まとまりはありません、スミマセン。

 

【Moca】カレンダーの月別ページに、週間天気を一覧表示したい!

その他 農業

農業やってる人はみんなそうだと思うんですが、1日で天気予報を最低でも朝晩2回は見るようになると思います。それぐらい予定が天気で変わるので、重要なことなんですよね。

そこで、スマホでの天気チェックは、いつもウェーザーニュースアプリかヤフー天気のアプリを使っていました。これはこれで便利なんですが、もっとよく使うカレンダーのアプリに一覧表示できたらなんと最高だろうとずーっと思っていました。

 

ちなみに、いつも僕が使ってるアプリはMocaというアプリ。3年ぐらい前から使ってますが、使いやすすぎたので速攻でお金払って広告を外しました。カスタマイズもしやすい。

月特化カレンダー Moca

月特化カレンダー Moca

  • aill, k.k. (JP)
  • 仕事効率化
  • 無料

 

 

そしてこれを使って、天気の表示が、できました。

参考にしたのはこの方のページ。

iPhoneのカレンダーに「絵文字で」天気予報を表示する方法(無料!) - alglab.net

 

↓ 結果

 

いつもの画面

 

f:id:peacebooks:20170106163938p:plain

 

 

そこから天気挿入 ↓

 

f:id:peacebooks:20170106163849p:plain

 

 おおぁぁ~パッと見ですぐわかる~すんげぇえええーーー

 

これほんともっと早くやっとけばよかった、と興奮したのでご紹介しました。天気はライブドアの天気を使用しているそうで、まぁエリアはそこまでスポット天気ではなくて、いわゆる気象台?があるところのデータのみです。画像に表示されているのは千葉市の天気。でもざっくりとでも、1週間後までの雨予報と気温が分かるだけで、かなり予定立てがはかどります!もちろん天気予報も随時更新されて、常に1週間後まで表示される状態です(設定とかによるかも)。

このカレンダーだけでワンストップで予定が見えるようになってとてもうれしいです。「Moca」と共にこの方法ぜひおすすめします。あまり広がりすぎるとサーバーが落ちるとかの話なのですが・・・。個人的には500円、1000円ぐらいでもお金払うレベルですというぐらい便利になりました。

 

このやり方を教えてくれたalglab.netさんには今度Amazonでアフィリエイト踏んで買い物させてもらおうと思います!ありがとうございました。

 

ちなみにMocaで

天気をその日の一番上にしたり、予定の表示の優先順位を決められる方法をご存じの方いましたら教えてほしいなぁ。

 

おせち料理の縁起物に「縁結び」を入れてくれ!

男女・結婚 孤独と貧困

あけましておめでとうございます。

このブログも1年半ぐらいになります。ダラダラと続けてきましたが、結構ライフワークのひとつになっています。なるべく積極的にネタを探して書いて、としていけばいいのでしょうがいかんせん、まずそこまでのモチベーションもなく。

基本的に雑記ブログとして読んでください。

 

さて、おせち料理ですよ。食べましたか?そんなの食べるわけねーじゃんという孤独な男に向けて書いています(笑)。

 

御節料理 - Wikipedia

 

子宝、出世、五穀豊穣・・・。

孤独なフリーターからしたら別世界の話に思えます。子宝なんて、その前に出会いとか縁結びの何かを入れろ!と言いたくなりますね、この世代の人間としては。数の子食べててもなんかむなしくなりますもんね。おいしいんですけど。

とまぁこういう昔からのものにそんなの言い出したらキリがないんですが、現代はかなり作る人も減ってそうです。都会の人なんて、ほとんどスーパーやネットなどで頼むんじゃないでしょうか・・・

 

そういうわけで、これを読んだ電通の方、おせち料理に「縁結びの料理」を含めた新しい現代おせちを広めてください!そして夜10時には汐留のあのでっかいビルを出ましょう。

(電通ビルの周りをぐるっと取り巻いていた個人タクシーの人たちは今どうしてるのだろうか)

 

今年も生きのびるぞ!

来年からいよいよ就農。稼ぐぞ

その他 農業

今年1月1日の記事。

 

この記事の頃から考えると、あっという間に1年過ぎたなぁという感じだ。それでも、無為に過ごしたという感じは無くて、少しずつだけど1歩1歩進んでこれたと思う。

 

来年4月から、合計50aの農地を借りられることになって晴れて農業者としてスタートできることになりそうだ。今年はその準備期間と思ってフリーター農家として過ごしていたが、当初こっちに引っ越してきたときからするとかなりタイミングよくことが進んで、本当に周りの人に感謝したい。来年こそ、飛躍の年にしたいと思う。収穫時期までは今の警備バイトと掛け持ちになると思うが、頑張りどきと思って乗り切るつもりだ。

 

そして生き延びられたことを自分でほめたいと思う。メンタル面ではそこまで強くなったり変わった点もなく、先日も久しぶりに自分を責める癖が出てしまって変な年越しになりそうだった。

でも今年は、師匠に年末の挨拶をする際、素直に感謝の気持ちでお酒を渡せた。去年は結構それを自分で考え込んでしまってなんか不自然な挨拶になっていたような気がするが、今年はなんとなく心境が変わったようだ。

 

農業経営について師匠に言われたのは「天候の悪いときに、それを理由にして不作だというのはプロではない。そういう時に通常に近い収量を出すのがプロだ。天候の良いときには通常より尚良い収量を出すこと」ということ。今年日本がそうだったが、野菜が高くなった時期に平年に近いぐらい出荷できた農家はガッチリ儲かっているはずだ。もちろん自然をコントロールできるわけではないが、そういう風に肝に銘じておき、できる限りのことを栽培に投じるつもりでいよ、ということと心得ておこうと思う。

 

f:id:peacebooks:20161231150225j:image

 

このブログに関しても、ある程度農業系の記事を自分なりに考えられることができてよかったと思う。収益についてはあくまで副次的なものだと考えているが、アドセンスを貼って1年ぐらい経って、はてなブログプロの料金を払って少し黒字になるぐらいまでにはなっているようで、ありがたい。でも、アクセスが多いのは総じて農業系以外の記事なんですけどね。それもまた面白くて、勉強になる。

 

それでは軽トラを洗車してきて、警備のアルバイトをして年越します。

 

ずっと読んでくれた方ありがとうございました。

みなさんが良い年を迎えられますように。

 

 

やはり農作業はうつに効く。理由を自分なりにも考えてみた

精神・自己受容 農業

univ-journal.jp

今まで科学的な根拠はなかったらしいですね。たくさんの研究結果を集めてそういう結論になったそうです。東大の人が言うんだから間違いねぇだろ。農業とは書いてなく「ガーデニング」とありますが。

 

僕が1年ちょっと実際に農作業をしていて、確かに、落ち込んだり「なぜ自分はこんなにダメなんだ・・・」という自分いじめみたいなものが少なくなったなと思います。その理由というか感じたことを自分なりに考えてみると、以下のようなことが言えます。

 

植物は、生きて、子孫を残すことしか考えていない。それが自分の生命の古いDNAか何かを刺激している

これが今もつくづく思うことであります。

栽培している作物もそう、そのまわりに生えている雑草もそう。太陽と水でグングン「伸ばせ伸ばせー」と。涼しくなってきたら「種つくれー」と。それの手助けをするのがガーデングであり植物の栽培なんだと思います。

雑草とは競争。知ってますか、背の低い植物でも、周りを背の高い植物に囲まれるとそれに負けないようにびよーんと茎をのばすんですよ。少しでも太陽の光を浴びて光合成しないと、負けて大きくなれないし子孫も残せないから。

それを、こんなブログで書いても伝わらないと思います。目で見て目の当たりにするというか、実感するとわかります。生命力があふれ出ているんです。「おいおいそんなに伸ばすか?昨日刈ったばっかりだろ」と。そういう経験をしていくとなんとなく、「俺も自己対話ばっかりせずに生きることをひたすらやるのもいいかな」という風にスイッチするんですよね。

もちろん、落ち込むこともあります。昨日も暴風雨でしたが外に出るのが億劫になって、久しぶりに自己対話を深くしました。「自分を好きになるには」とか。

でも外に出て作業をすると、不思議とそれを忘れて、その植物と無心になって向き合えるというか。「ああ、体力がずっと続くんならこのままずっと作業してれば健全だな」と今日改めて思いました。

僕には子供がいませんが、おそらく自分のお子さんをお持ちの方もそういう生命力や向上心や成長が、親である自分の生きるパワーになったりするんじゃないでしょうか。たぶんそれと同じことだと思います。

 

 

 過去記事

blog.bosobosoboso.com

 

 

農業には「収入に対する保険制度」がある!?

農業

最近、農水省など農業関係のメルマガを見ていると、気になる制度を発見。

 

収入保険制度に関する 農業競争力強化プログラムの内容について [pdf]― 農林水産省

 

まだ本決まりの政策じゃないみたいですが。

ざっくり言うと

自然災害や需給変動による農作物の価格低下で収入が例年より減った場合は、収入を補てんしますという制度らしい。毎年帳簿を提出して、それを参考にだいたい例年の80%ぐらいまでは補てんされる。

 

保険料・・・50%、

積立金・・・75% を国が補助。

 

例えば収入が1000万円の農家が補償限度90%プランを選択した場合、

農家個人が出すお金は

保険料72,000円+積立金225,000円=297,000円 (年間)

 

となって、

100%収入減少つまり全く作物が収穫できなかったケースでは810万円の補てん金が出るらしい。

 

保険料は掛け捨て。

積立金は農家自身のお金で、補てんに使われない限り翌年に持ち越される。

 

うーむ。

 

そもそも保険というものにあまり入ったことがないのでいいのか悪いのか分からんが、保険料を半分国から出してくれるというのはつまり、半分公務員が入る共済年金みたいなものなのか。ただ、「どこまでが災害被害か、とかモラルハザードが起きやすいのでいろいろ縛りを設ける」みたいに書いてある。

 

条件は青色申告をすること。たぶんソフトやエクセルを使えば行けると思っている。

 

僕は年明けぐらいにこれを買おうと思っている。エクセル必須だけど。

らくらく自動作成 新家族経営の農業簿記ソフト―CD‐ROM会計ソフトと利用の手引

らくらく自動作成 新家族経営の農業簿記ソフト―CD‐ROM会計ソフトと利用の手引

 

 

なんだかんだで農業者って、半公務員とまでは言わないけど25%公務員扱いのような気もする・・・。新しい機械を買うときは何かしら補助みたいなのあるらしいし。もちろんメーカーが出す価格もそれを織り込み済みの設定になってるんでしょうけどね。こんなの一般企業でねぇよ。もちろん、仕事はデスクワークばっかりなわけではなく、皆やりたがらない農作業ではありますけどね。

 

その他農業者が入れる年金的なもの 

農業者が入れるものとして農業大学校の税務研修で薦められたもの。

農業者年金(基金) 

下の世代が上の世代を支えるシステムである国民年金が破たんするかもとか言われてますが、こちらは以前すでに一度破たんした経緯がある。今はほぼ貯金と同じ意味だという積立方式に変わった。いわゆる会社員の厚生年金と同じで2階建て部分にあたる。確定申告時に控除できるので、加入しないのと比べると実質年利20%(所得による)の金融商品と同じですよ、と。

トップページ|独立行政法人 農業者年金基金

小規模企業共済 

位置づけとしては個人事業主の退職金の役割を担っている。これも控除可能なので年利20%。これはどこかが運用しているらしいけど、まぁ国民年金よりは安心感があるんじゃない?と思う。リーマンショック的なのが起こったらどうなるかは分からん。20年以上払わないともらえない、確か。

中小機構:小規模企業共済: 小規模企業共済

 

農業者年金と小規模企業共済、両方満額払えば1年間で

農業者年金 ¥60,000×12 =¥720,000

小規模企業共済 ¥70,000×12 =¥840,000

計 ¥1,560,000・・・。

 

これだけの額払い込めるまで稼げるようになるにはまだまだ力が足らないでしょうが、それならそれで少ない額を払えばいいらしい。稼げば稼ぐほど、余ったお金を貯金して所得税取られるよりは、こういうのを使って節税しながらかつ老後は安心、というのが農業経営の得策なんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

よく外国人に道を聞かれるのはなぜか?

その他

こないだ友人の結婚式があって地元に帰っていて、まぁこの歳になるとみんな結婚してしまっていて、やはりというか集まった中で独身は僕だけだった。

 

他の友人含めてももう結婚式に呼ばれることもないだろう、地元に帰ることももうほとんどないだろう。帰路での新幹線から見える景色が、今回は何となくいつもと違った。もう俺はあっちで根を張るのだ、と。

 

✳︎✳︎✳︎

 

タイトルは、その帰ってきた後の東京駅でのたわいもない話。

 

帰りのバスを待っている間、近くのコーヒーショップにいたら、隣の外国人男性が声をかけてきた。

「英語はできますか?」

みたいなことを言ってきたので、

「めっちゃ少しだけな」

みたいに答えると、

「この辺でスキーショップは無いですか?」

みたいなことを聞いてきた。

なんでスキー限定、と思いながらスマホで検索すると、大丸にスポーツショップが入っているらしく、

「そこのデパートメントストアにあるかも知れない。フロアーイレブン、でも売り場は小さいかも知れないぜ」

と答えた。

「そうですか、ありがとう」

と、お前そこまで真剣に探して無かっただろう感じで返答された後、

「ここが東京の中央部ですよね?他にいけば大きいのがあるのでしょうか?」

的なことを聞いてきた。

知らんがな、と思いながら

「神田にいけばビッグなスポーツショップが並んでるぜ、あっち方向だ」

と指差しながら答えた。

「そうですか。歩くと遠いですか?」

みたいなことを言うので

「バカヤロウ、日が暮れちまうぜ(後々考えるとそうでもない)」

みたいなことを言うと

「サンキュー」

と言っていた。

 

最後に

「どこにスキーに行くつもりだい?」

というようなことを聞くと

「?ザワ・・・オンセン。ナガノ。」と言っていた。

温泉地に疎い僕は、湯沢は長野だっけか?と思いながら、

「そうかい、ベリーナイス」

と言って、片手にコーヒー、片手に引き出物を持って颯爽とコーヒーショップを出たのだった。

 

あとから調べると、野沢温泉ってのが長野にあった。

 

 

✳︎✳︎✳︎

 

というようなピンポイントで外国人に道を聞かれることが多い僕。東京にいたときも、日本人に聞かれたのは1回だけど、外国人に声をかけられたのは10回ぐらいある。

 

タクシーでその英語能力は培ったと言いたいところ。が、残念ながら英語は中学生レベル。確かに都心では外国人のお客さん、1日1組はお乗せするかというぐらい結構多く、会話をすることもたまにある。しかし僕の口から出てくる英語は本当に簡単な単語を並べるだけ。

しかしそれでも充分伝わるんだなというのは勉強になったし、チップをはずんでくれた外国人観光客、結構いた。みんな異国の地で不安だったり困ったりしてるから、単語喋ってくれるだけで安心するのだ。

あと、密室でマンツーマンで話すから単語だけの中学生英語でも恥ずかしくない、というのが大きい気がした。たぶん、周りにもっと英語ができる日本人がいたらと考えると自分の英語が恥ずかしくなって、それが嫌で喋らないというのが日本人の気質で、それこそが日本の英語教育の諸悪の根源ではないかと気付かされた。恥は役にたたない。

 

で、なぜ外国人に話しかけられやすいのか。

これを考えたことが昔にもあるのだが、おそらく何かしらの外国人を惹きつける特有の何かがあるのだろうなとは思う。日本人からは話しかけづらいほうだと言われるし(悲しい)。

 

最近一つ思い当たったのが、「頭が前後に長い」こと。

何を言ってるんだと思うかも知れないが、ある時、昔ながらの商店街の眼鏡屋に入った時にそこの主人に

 

あなたは頭が外国人みたいに前後に長いから、メガネのツルの長さが足りなくなるんだよ

 

と言われたことがある。

へー俺の頭ってそうなのか、と思ったが、調べると確かに一般的な日本人は前後に短いらしい。「短頭」「長頭」という分け方があるそうだ。

 

 

はい、ただそれだけ。

顔のパーツ系統も外人系ではないし。他に見た目からは思い当たらない。今度聞かれたらその外人に聞いてみようとおもった。

 

「俺って頭が前後に長いかい?