泥沼ブログ

非農家から就農して、男一人で農業所得400万・時給2000円農業を目指します

農家と経費と所得控除

digital.asahi.com

 

税金の話です。

突如ですが、何日か前からこういうニュースが出てきました。

カンタンに言うと、たくさん(おおよそ1000万以上)給与をもらってる会社員やフリーター含めた勤め人は増税になるということで、その他の人は減税になるようです。基礎控除は38万から引き上げられるということで、会社員でなく個人事業主の僕としてはまぁ減税になるでしょう。他に、例えば青色申告特別控除が無くなったりしなければ。

 

個人事業主のお金の使い方

個人事業主になり、レシートを保管して経費を計算して帳簿をつける生活になりましたが、税制について勉強していて思ったのは、給与所得控除の65万ってなんてデカかったんだろう、ということです。

 

所得税や健康保険料って、家計の出費の中でかなりデカいですよね?しかもその重みは年々増していませんか?特に病院なんか行かない健康な若い人。

確定申告をしたことが無い人は分からないと思いますが、所得税や健康保険料を決める際には、会社員やフリーター含め、給与もらっている人には「最低でも年間65万円は給与もらってないことにしてあげます=経費でスーツや作業服やカバンや筆記用具を買ったことにしてあげます」という税制になっています。その65万というのは年収180万以下の人であって、年収が上がればその経費としてみなしてくれる額も増えます。

たとえば年収300万の人なら

税込み年収が300万の人なら、計算すると給与所得控除が108万になります。つまり「残り192万が純粋なもうけですよね」とされるわけです。

その192万に健康保険税がかかり、

そこからさらに

192万ー38万(基礎控除)=154万

に所得税がかかるわけです(※厳密には違いますが概算で)。

 

僕が自営業者になってから、その最初でてきた108万に「おいおいちょっと待てよ、108万も仕事で使ってねえだろ」となるわけです。スーツやカバンや靴ぐらい?あとは筆記用具か。タクシーの運転手で仕事で使った自分のお金って、白手袋とブレスケアと小銭入れバッグと靴ぐらい。余り過ぎ。パソコン作業がある人は仕事中は会社のパソコン使うでしょうし、制服がある場合でも会社から貸与、工場勤務で作業着を自分で買う会社のほうが少ないのでは?何でそれで貯金ができなかったのだ?と当時の自分に問い詰めたい。

 

それが自営業や農業になると全部自分で買うのでまさに経費になります、その出費に税金かけられたらたまりません。しかし自営業者には給与所得控除という超ウマい話はなく、年収(売上)がいくらに上がっても、65万固定の控除の青色申告特別控除というのがあるだけです。しかもそれを受けるには先に出てきた領収書をペタペタ貼って、帳簿ソフトに逐一カチャカチャ入力して、1年それをずっとやってやっと65万の控除300万売り上げても500万売り上げても65万固定の控除

なんて給与所得者は恵まれてるんだと痛感します。

 

よくある給与所得者のクレームで「自営業や農家はなんでも経費で落として卑怯だ、脱税だ」という話があります。まぁ実際そういうことをしてる人もいるんでしょうが、そういう人には税務署から税務調査が入っているという話もまた聞きます。税務署の人も仕事でたくさんの確定申告書を見ているプロですから、怪しいとすぐ分かるんでしょう。

実際今年の現在までの僕の帳簿を見ると、肥料や農薬や農地代、段ボール代、工具資材部品材料その他その他・・・それだけで収入(売上)は吹っ飛んでます。そんなだから65万の青色申告特別控除ぐらいは許してよとは言いたくなります。何でも経費にはできませんよ、何度もいいますけど。怪しい項目と言われそうな「接待交際費」も今日時点で13,000円ぐらいですよ。すべて地主さんたちや師匠へのお礼のお酒代・手土産代とかですけど。

 

農家の出費

そのうえで、僕が思い当たるフシとして、農家は私的な消費が少ないというのは言えると思います。実際僕は私的消費がかなり減りました。私的消費ってなんだっけ、というぐらい。以前は何にお金を使っていたのか・・・?

まず食費は減った。もらえることが増えたため、野菜や米を買うことがほとんどなくなりました。自炊をする人なら1か月の食費は15000あれば余るでしょう。お金を払うのは肉と魚、タンパク源だけという生活もやろうと思えばできます。畑があれば自分で作ればいいのです。とはいえ僕は今はほとんどコンビニや外食が多いのでエラそうなことは言えませんが。

東京の暮らしに比べて、かなり物々交換的な部分が多いと思います。一般的な物々交換には一応所得税も消費税もかかりませんから。商売っ気が入るとマズいでしょうけどね。商売をしていない定年後のやりがい農家さんって、田舎には結構いるんですよね。代わりに何か作業してあげるとか、パソコン作業を教えてあげるとか。ある意味、貨幣を介さないという意味ではミニマリストに近いかも。消費税がさらに上がりそうなこれからのご時世、そういう生活も得になり得るかなとは思っています。

 

次に外食が減った。特に酒を店で飲むことがほぼゼロになった。これは結論としてはみんな車移動なので、居酒屋などで飲むとタクシーか運転代行を呼ぶことになるわけですが、そうなると安くても2000円以上、下手すると飲み代と同額かそれ以上の金額が帰宅するためだけにお金がかかるということで、バカらしくて田舎では外で飲まなくなるということです。

東京では定期代の範囲か、プラス数百円で電車で帰れますから雲泥の差です。逆に言うと田舎では外で飲む楽しさは確実に減りましたね。こないだ飲んだ池袋の一件め酒場の雰囲気には興奮しましたもんね(笑)。(タクシーの運転手時代には平気で何千円ももらっていたのに、やはり自分がタクシー代に2000円払うのはアホらしくなるのです)

あとは以前も書いた気がしますが、農業=仕事が趣味になり、それはすなわち「趣味費=仕事上の経費」になるということ。農業をやっていると自分でいろいろ作ったり考えて工夫することが増えます。そういう仕事の創意工夫や効率化がヒマつぶし=趣味のようになるということです。今日はコンクリートのブロックを積んで洗い場を設置しましたが、そのブロック代はもちろん経費です。レンコンを洗うための洗い場ですから当然です。そのブロックも種類が色々あって、設置の仕方も考えることが色々あって、それらがちょっとした遊び・ヒマつぶしの部分もあるのではということです。

つまり結論として、趣味娯楽費が経費になるということです。

 

さらにもっと言うと田舎には娯楽が無いということです。パチンコに行く農家さんは結構いるみたいですが、僕は行きません。

ファッションにも興味は無くなりました。まずもって田舎でおしゃれしていると浮くからです(笑)。365日中350日は作業着での生活です。

お年頃ならデート代がかかるかもしれませんね。ただ、普通は田舎在住ならそんなこんなで早くに結婚してしまうでしょうけど。東京は晩婚化ですよね。ずっとオシャレしなきゃいけないし、ほんとカネばっかりかかる生活だったなと思いますね。

 

農家と会社員、税制上どちらがいいか?

控除の話に戻りますが、会社員の人から見て「農家がなんでも経費にしている」というのは、おそらく「遊び代を経費として算入している」という誤解で、実際の農家としては「税制上、給与所得者と比べて自営業はうまみが無さすぎるし、経費で買った資材や道具でしょうがなく遊んで、それでもって仕事の効率化や省力化を図っている」というところではないでしょうか。その経費というのは、コンクリートのブロック代だったり、塩ビ管だったり、工具だったりするだけです。よく聞く、内々での楽しい楽しい飲み代を経費で落とすということは今のところ1度もありません(笑)。

そういう視点では、給与所得控除はデカすぎます。給与所得控除無くして会社員もフリーターもみんな青色申告して経費をレシート取って帳簿を付けたら平等です。農家や自営業はみんな「そうだそうだ!」と賛同してくれるはず。それぐらい、勤め人というのは本当に経費がかからないと思います。仕事にかかる経費は勤め先が負担してくれているはずです。現行の給与所得控除というのは、とてもありがたい制度ですよ。

 

どうでしょう、都市生活者や会社員から見てこういう生活は面白そうでしょうか。損でしょうか得でしょうか。一概には言えないでしょうけど。

上記のような生活について書いているとちょっと寂しい生活のようにも思えますが、実際やってるとやはり事業を自分の工夫で回しているという感覚が僕はやりがい・生きがいになっていると感じます。ヒマつぶしに飲み歩く生活よりも何となく前向きに生きられている気はしています。慎ましくも前向きに暮らしているということです。帰るのに1万払って帰るタクシーのお客さんの生活とは対極にあると言えるかもしれませんね(まぁその1万はその乗客個人じゃなくて会社や取引先が払ってるんですが)。

 

たまにはあのガヤガヤした雰囲気も恋しくなるんですけどね。東京にたまには行きたいので、レンコン農家に興味のある東京近郊の方、お話しましょう。ご連絡ください。

日没が早くなってきました

新しい作業場づくりも目途がつき、収穫作業と並行して日々の作業を進めています。

んで、最近特に感じるのが暗くなるのが早い!ということ。この地域では11月に入ってから16時に夕焼け小焼けが流れます。17時になると田んぼでの作業は暗くてできません。してもいいのですがケガが怖い。そうなるとこれまで出荷時間ギリギリまで荷造りをしていましたが、それを早めないといけません。それとも朝を早くするか。なるべく5:30に目覚まし時計をかけて明るい時間に作業をするように体を慣れさせなくては。

そんなわけで冬至まではどんどん日が短くなるので、作業のスケジューリングを変えないといけない時期にきています。

レンコンは11月に入って少し値が上がったようです。僕の感じるところによると、古い人がよくいう「年末に値が上がるレンコン」だったのが、年末にレンコンを食べる文化が若い人には薄れてきて、その代わりに健康食品的に普段使いで食べられるようになってきた傾向があるのではないでしょうか。少なくともこの辺りの地域では。若い人と高齢者ではレンコンでも明らかに好まれる部位が違うように感じますし。

さてそれでは、配達に行ってきて、その帰りに作業場の屋根を買ってきたいと思います。素人がちゃんとできるか・・・

ぼちぼち回復運転中

ぼちぼちと、屋根ができるまでは晴れの日だけ収穫・出荷しています。今日もとりあえず平均数ぐらいは出せました。雨の中出荷作業をしようとすると出荷用のダンボールが濡れてしまうので・・・

今回の作業場の被害はショックでしたが、レンコンは土の中においておけば一応春までに掘れば大丈夫なので、収穫適期が限られている他の野菜に比べれば、まだマシかなと思いました。同じ出荷組合の方には迷惑をかけてしまいますが・・・。なんというか、マイペースでできてるのがラッキーです。来週には復旧予定です。

 

f:id:peacebooks:20171101212227j:image

子レンコンと孫レンコン

 

 

 

台風で作業場がぶっ壊れました

先日の台風21号で、作業場(パイプハウスで作った簡易の屋根)が吹っ飛びました。自分で部材を買ってきて組んだお手製のものだったんですが、いとも簡単に抑えバンドは引きちぎれ、パイプは曲がってしまい、朝起きたら悲惨な光景になってました・・・。

 

被害額としては部材代の10万弱ですが、かけた時間が結構あったのでショックです。

でもまぁ聞けば自治体から災害時の補填が出るかもというような話もあります。ビフォーアフターの写真を撮っておかないといけないらしいのですが、完全なものはどちらもありません(笑)。どうなることやら。お金のある方は、ちゃんとしたものを業者に頼むか、信頼できる人に作ってもらうのがいいと思います。30過ぎるまで工具もロクに触ったことのない人間が作ると、どうも作りが甘々になるようで・・・。これから腕が上がっていけばいいのですが。

 

当面、雨の日は出荷用の段ボールが濡れて箱詰めできないのでお休み&新しい作業場作りになります。出荷ができないとお金も入らないので、難しいところですが、晴れの日、収穫できるときには収穫しながらになるかなと思います。

また今週末には台風が近づくようなので、注意したいと思います。

 

ちなみに作物のほうは特に影響ありませんでした。レンコンは、品種にもよりますが早い時期ほど手痛い被害になるという感じです。

休日がこわくなくなるぜ


はてブを見てるとこの日記が伸びてるみたいで、でもまぁ20代後半って僕もこんなことがあった。目標っていうと特になく、おそらくこの方はお金には困ってないのだろうが、僕は人生で初めてクレジットカードのリボ払いというやつを数万円使ってしまい、その罪悪感から逃れるために必死にタクシーで働いていた時期だった(今思えばなんとかわいいことか)。

働いてたらある程度貯金ができて、一応目標が達成された。その次の目標を立てるべきだったのだろうけど、その当時の僕には特に目標が立てられなかった。いつかも書いたかもしれないが、休みや明け番(24時間勤務の次の日の休みのこと)は、昼間から酒を飲んで酒が飲めるチェーン店をはしごしてから家に帰り、寝てから夕方起きて石神井川沿いをランニングして酔いを覚まして、次の仕事のために寝るという、子供には聞かせられない生活を送っていた。それでも働いているのだからいいのだ、ニートよりはマシだという自己満足だけが支えだった。

 

それから色々経て、今農業者としてまい進している、まさにまい進しているところである僕は、まったく休日がこわくなくなった。いや、休日が無くなったのだ。農業という仕事は、やろうと思えばいくらでも仕事があるからである。そんなこんなしているうちに、いずれ投資した資金も回収され、貯金ができ始めるだろう。

 

僕が田んぼを借りている地主さんのひとりは、今年で仕事が定年を迎えて退職されたらしい。話を聞くと、「定年なったけど、やることはいっぺぇあるんだよ」。田んぼや畑やその他もろもろ、自然を相手にしているとやることが無くなることなんてまずない。草はまず伸びるし、伸びっぱなしだと人間生活には不適な環境になるのである。だから刈るのだ。東京にいたときは全く考えが及んだこともないけれど。

 

レンコンは冬に収穫する作物である。早く掘ってくれ掘ってくれカネに替えてくれと、田んぼから声が聞こえてくるようである(実際のハスの声は「何掘ってくれてんだよ!来春の発芽のために栄養溜めておいたのに!あぁッ!やめろっ!グワーッ!!!ボキっ」だが)。

だから全くやることが無いなんて感覚になったことがない。だから農業は、「休日がこわい」人に向いているよ。増田に書く時間なんて絶対無くなる(笑)。

 

***

 

翻って人間の生活に戻ると、人はやはり人のために生きるほうが自然じゃないか、と最近というか田舎に来てから切に感じるようになった。こないだ東京に行ったときに元同僚の人と会ってしゃべったが、この先ずっと一人で自分のためだけに生きる。それはなんか違うのである。誰でもいい。別に家族じゃなくたって、愛し合える人がいなくたっていい。誰かのために生きるというのは自然なことなんだよ。という話に落ち着いたのである。

農業を始めようとしている方へ参考になるサイト

ネットを見ていると、新規就農者の参考になりそうな『農ナビ』というサイトを見つけました。

 

一応、記事が一覧になっているサイトマップのページをリンクしておきます。

farmmanagement.info

 

運営者の方の詳しいプロフィールは分かりませんが、きれいにまとめられていて読みやすいサイトです。いち農業者の方の意見ではあると思いますが、個人的には、偏ってなくて新規就農者向けかなと思いました。

インターネットでは農業の情報ってうまく探せないなと思っていて、やはり農業をやっている人とネット詳しい人というのが離れているんだろうな、と感じています。

出荷時期の1日のスケジュール

だいたいですがペースがつかめてきて、田んぼの掘る場所によるんですが4kg箱で1日12ケースほどはコンスタントに出せるようになってきました。10ケースを下回るとちょっと今の作付け面積では来春までに掘り切れないかなという感じなので、最低でもこれを継続したいところです。

ただ、掘り切れるかどうかは収穫量より掘る面積なので、面積を目安に1日0.25aを最低ラインとして収穫作業をしているところです。

 

今回は新規就農者の今の一日の「理想の」タイムスケジュールを載せてみます。

 

5:30 起床

   食事しながらニュースみたり新聞見たり

6:30 ラジオ体操

7:00 着替え、準備、軽トラに乗って田んぼへGO

7:30 掘り取り開始

11:00 収穫終了

11:20 ネットみながら昼食

12:00 洗い・出荷調整作業

16:00 出荷場へ配達

 圃場の管理作業をあればちょちょっと

17:00 直売分を出荷調整

17:45 直売所へ配達出発

18:45 納品完了 

  買い物・夕食

19:30 帰宅

 

ざっくりですがこんな感じが多いです。結構ずぼらなので時間はバラバラなんですが。最近は起きるのが8:00前になることも多いんですよ。夜中に2,3時間目が覚めてしまって。まだ夜勤の体から完全に戻っていないような感じがします。

僕の場合は、出荷場へもっていく時間だけが決まっていて、そこまでに間に合えばどれだけ掘ろうとどのようなスケジュールでやろうと一応問題ありません。なるべくコンスタントにたくさん出荷できればもちろん組合員として優秀なんですが。ケツカッチンで逆算して仕事をします。

収穫が3時間半になってますが、あれ?いつもだいたい3時間なのにな(笑)。3時間半掘れば15ケースは出せるはず・・・。なんだかんだでそんな感じです。一応時間を基準にはしていますが、レンコンボート2杯の収穫というのも目安です。

あとは出荷が無い日にまとめて草刈りとかいわゆる管理作業をしています。結構休みがありません。1人だと何もかもになるのでなかなか大変です。少しの時間でも手伝ってくれたり配達してくれる人がいると効率的にもだーいぶ違うように感じます。やはり農業は家族労働が向いているのかもしれません。

 

ちなみに作業日誌をつけているのですが、9月の作業時間は全部で240時間。出荷のある日は休憩時間を抜いてもだいたい10~11時間労働ですね。ちなみに完全に何も作業をしなかった、という日は9月は1日もありませんでした(笑)。1時間だけでも田まわりをしたり道具を直したりしてました。

まぁ休みであってもやることがないただ寂しい男だということでもあるんですがね。あとは疲れて寝てましたね。ばたばたと慣れないことばかりで出荷の無い日にまとめて遅くまで寝てました。

笑っている場合でなく、効率よくやって休めるようにしなくては。これも仕事の重要なポイントです、農業では。