読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元タクシー運転手から泥沼にハマった男のブログ

30代元タクシー運転手が農家になる途中

フリーターの皆さん、派遣・バイトと農業ならどっちを選びますか?

孤独と貧困 農業

www.huffingtonpost.jp

 

 

改正労働者派遣法が成立しました。力ずくで採決を止めようとした様子がテレビでも放送されていましたが、余談ですけどあれ台本がある寸劇らしいですね。そもそも多数決という方式である以上、選挙が終わった時点であらかた決まっちゃってますもんね。そういうのが日本で大規模なデモにならない理由なんでしょうか。諦めが蔓延しているというか・・・。しかもこの安保法案そして豪雨災害のゴタゴタの最中にひっそりとですから、そりゃあきらめもさらに蔓延するわな。

さて、この法律は以前「ホワイトカラーエグゼンプション」と言い出したことから、正社員が無くなる制度と言われています。2006,7年でしたか、それがニュースで出たときに「なんだそうなのか、経営者はそういう風に思ってるのか、しかも大アメリカからの要請でそうなってんのか」というのを知って、経営者とかさらにお上のほうの人の黒い顔に歯だけニヤニヤ笑ってる映像が見えたものです。いや、実際はニヤニヤ笑ってるというか、みな頑張ってるんだと思うんですけどね、タクシーの運ちゃんやってた身としては。

これからの多くの企業は当面、いかに従業員を正社員で守れるかという戦いになる気がします・・・人の心がある経営者なら。少子高齢化とグローバル化という大きな流れは、普段あまり目に見えないために僕ら平民には実感がありません。大手町のあのでっかいビル(ちょっと皮肉がひどくなってきた)に入ってる経団連の、その加盟企業(の経営陣)にはそんな心は無いでしょうけどね。

そして長期的には・・・どうなるんでしょう?まったく予想つきませんが、「ハケン」「フリーター」というのが罵倒語にならなくなる時代が来るのかもしれません。そしてそんなことに一喜一憂していた時代が懐かしく思えるぐらい、激動の時代になるかもしれません。ヤフーニュースのコメント欄も今よりは読めるようになるか・・・なぁ。

 

何もスキルが無い人間は、どう生きていけばいいか分からない

「この先どう生きていくか」。こんなことは特に20代・30代の人たちは皆、普段から死ぬほど考えて悩んでいることだと思います。先日、東芝の会計不正のニュースを取り上げてシューカツのススメを書きましたけど、その記事もやけにアクセスがどんどん増えて、検索結果でも結構上位に表示されているみたいです。(※注 東芝が悪い会社だとは言ってませんからね!)でも学生さんは相当不安でしょうね。僕も就活当時は不安でしたけど、それを上回る不安定さがあるなと感じます。株価も一日で1300円動くような時代・・・。

ネットだけを見ていると、弱者の間には「諦め」が蔓延しているように感じます。タクシーのお客さんはなぜかそういう感じの人は少なかったように感じますが・・・。強者だったのかなぁ?ただ単に表の顔とウラの顔なのか、ネットとタクシー客はそういうバイアスかかっているのかは未だによく分かりませんが、そういう面では勉強になりました。

あとは「保守」。これはみなあるでしょうね。ただ僕もどちらかというとネット寄りのマイナス思考寄りだとは思います。今は少し前向きになってはいます。

どちらにしても、何もスキルも無い人間は生きるのが大変になるでしょう。僕は真っ当に正社員で働いたのはタクシーの運転手だけで、それもまともな仕事とは世間から見られませんでした。あとはそれこそ日雇い労働、アルバイト派遣のような雇われ方で生きてきました。大学を卒業する時点で、もっと言えばもっと昔から将来を考えていたら違ったのかもしれませんが、それなりに一生懸命生きてきたつもりなのでしょうがないです。そんな中で、今の僕にできることを考えると、農業ってのもありなのかな、とふと思えたのです。それまでは選択肢に無かったのですが。

 

僕が房総で農家を目指す理由

そういう僕が未開の地BOSOへ来て、農家を目指す理由として前向きなものを書くと

1.自然の中の作業が精神的に良いと感じたから

2.タクシー時代より稼ぐつもりでいるから

 

 

まず1については、こちらの記事に書きました↓

自然や天気という人間の手でどうにもならないものと相対していると、相手を自分の思い通りにどうこうしようというのが無くなってきて、ストレスがなくなり、肩の力が抜けるということです。

 

2の年収については、まだ分かりませんしTPPも決着してませんからなんとも言えないことも多いです。体力は標準より少し自信があるのでそれを生かせる。そしてカネも稼ぐ。そういうことができそうなのが農業かなと、自分ではある程度合理的に考えてこちらに来たつもりです。

農業と言っても作物によってさまざまで、コメ専業でやろうとすると、今の価格(60kg10,000円とか)から考えてなかなか厳しいものがあるし、初期投資もかかるから新規参入は難しい。果物なんかは結構稼げる。ただ、そういう作物は若い人にも人気で、跡取りがいる。付加価値のあるものを作ったり6次産業化する、なんてのも言われていることではあります。そんな中で、これはと思える作物があったのです。跡取りもこの地方ではほとんどいない。衰退の一途。

辞めたからにはとりあえずタクシー時代ぐらいは稼ぎたい、と思っています。農家として独立するなら、個人事業主となります。会社にするなら社長。ここでいう年収は農業でいう農業所得です。肥料や機具代や燃料代を除いた純利益。年収(売上)でいうなら1000万近くやらないといけません。不可能ではないと思っています。

ま、やる前だからあまり言ってもしょうがない、

頑張ります。

 

 俺もやる!という方がいればぜひご連絡くださいー。BOSOで共に頑張りましょう!