読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元タクシー運転手から泥沼にハマった男のブログ

30代元タクシー運転手が農家になる途中

TPP 日本野菜の関税の現状は?

農業

交渉内容が非公開のまま決着したTPP交渉でしたが、その後ぽつぽつとその内容が出てきています。コメについては段階的に関税を下げることになっているようですがその他はどうなのか。

今日のニュースで、野菜は全て完全撤廃ということが明らかになりました。ただ野菜に関しては現段階でも関税は低めで、3%~5%程度がほとんど。消費者も「野菜は国産を」という人が多いようです。競争力が落ちるということはそこまでないかもしれません。僕のやろうとしている作物も同程度です。

 

ちなみにこちらが2015年4月現在の関税一覧のページ。

輸入統計品目表(実行関税率表) : 税関 Japan Customs

 

これらを見るとコメの778%に比べると影響は限定的でしょう。コメは完全撤廃になったわけでもないし、TPP上では農作物に関しては折衷案で落ち着いたというのが一般的な見方でしょうか・・・。

 

ただこれからどうなるか・・・。実際に農業に触れていると実感しますが、作物というのは土と水と気候が全てと言っても過言ではありません。種があれば、異国の土地で、より食味がよく、より収量の多い物がとれることもありうるかもしれません。

TPPはアメリカの都合のよいような仕組みとはいえ、これからどのように影響が広がるか・・・。これからはそういった情勢も気にしながらマーケティングしなければならないかも知れません。僕はまだ若いほうなので、そういう情報戦略を何とか使って、栽培能力を付けるまでの時期を過ごさなければいけないなと感じています。