読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マジメな人は、今の就活は辛いだろう

cyanmeme.hatenablog.com

 

この記事を読んで、また昔の自分を思い出した。当時の自分に声をかけるとすれば、「周囲を見すぎて自分を縛りつけるな」といいたい。そしてそれは今の就職活動をしている学生さんにも。

 

仕事論ではなくて、心の持ち方を参考に

とりあえずこの記事に対するブコメが、仕事論や就活戦略みたいなものが多い・・・。この人が言いたかったのは職種にこだわりすぎたのは一つの結果論で、原因の根っこは、自分を偽ってしまって何がなんだか分からないまま就職活動してしまっていたことだろう。

そして、これは彼女が真面目だったからだ。

そして、「疲れたら休んで、ちょっと気を晴らしてみて」っていうこと。真面目な人ほど、客観的になりにくいからね。実は遠回りのようでそれが近道だったってことを言いたいんじゃないだろうか。もしそのときに休めていなければ、もしかして泥沼にハマってずっとひきこもってネトゲしていたかもしれない、という恐怖。ある種、この人は脱出できたから成功例と言ってもいいかもしれない。

とにかく、「自分がどうしたいかということが無い」「自分というものすらよく分からない」。マジメな人はそう考えてしまう。

不真面目(ここでは悪口ではない)な人はそれを織り込んで就活できる。スパーンと「仕事ってそういうこと」と割り切れたり、「なんとかなるさ」と生きていける。個人的に差があったなと感じるのは、仕事に対して大人になっていたということ。言葉にするのは難しいんだけど・・・。

 

(話はそれるが、現代で「真面目」はプラスの言葉では扱われないことが多いと感じる。そういう社会になりつつある。長いスパンで見ると、現代がどんどん変化の速い時代になっているから真面目さ・愚直さがマイナスに働くということもあるだろうし、マジメさが仕事(≒利益)になっていた時代からするとそういう人の仕事はコンピュータに取られつつあるからだと思う。工場にしても、事務にしてもそう。真面目・不真面目の意味が変容しつつある)

 

話を元に戻すと、真面目だからこそ上辺の気持ちだけになってしまって、何とか内定が欲しいと思ってしまう。不真面目と呼ばれている人はある種、なんとかなるさ的に生きていけたり、現代で真面目さに取って変わって欲しがられる「コミュニケーション力」が高かったりする。だから内定がすぐ出たりする。割り切る能力といったほうがいいかもしれない。仕事モードに切り替える能力。片や真面目な人は仕事とオフを切り替えたりできないことが多いのではないかな。

 

何よりそもそもは、新卒制度がおかしいんだけどね。マジメな人は割を食う時代と考えていたほうがいいと思う(昔がどうだったか知ってんのかと言われたら知らないけれど)。

マジメさは、そのマジメに取り組んだ時間・年数があって始めて評価されることが多いと思う。そして、新卒でのマジメさはその点でなかなかアピールしづらいと思う。実際アピールしようとした人ほどそれが分かるんじゃないだろうか。

事務職は真面目にこなしていればある程度受け入れられるという風に思われているのかもしれないが、その分、小さい会社だと確かにベテランのおばちゃんがパートでこなせていたりする。

事務職が人気なのは、そういう真面目な人に向いていて、かつデスクワークでしんどくない(と思われがちな)職業であり、土日休みも取りやすいなどなどがあるということ。そして現代はそういう職がどんどん少なくなっているという面があるのがミスマッチを生んでいる。さらにパート化して経費削減。すごい倍率になってしまうらしいもんね、一般事務職は。

 

彼女が就職したウェブ系の仕事は、現代では仕事量として多いと思う。20年の間に無くなった仕事はコンピュータに取って代わられたが、今はコンピュータを動かす仕事がまた生まれているということだ。事務職を目指す女性はそういう職業を考えてみてもいいと思う。デスクに座ってパソコン作業するのは同じじゃないか。専門の勉強は必要だろうが、生きていくためならできるものだ。男ばかりというイメージがあったけど、たぶん違うだろう。創造性が必要かどうかとかが気になるだろうけど、そこは詳しくは他の人の情報を。向き不向きがあると思うからねぇ仕事は。

 

農業とか真面目な人が向いていると思う。

あとは個人的には農業である。宣伝になるけど。肉体労働が卑しい仕事だという先入観がこびりついている学生にはなかなか踏み込めないだろうが、実際やってみて、農業はマジメな人が向いている仕事だと思うね。そういう人ほど結果が出るだろう。

というか、不真面目でうぇーいってやってたら絶対に結果が出ない職業である。

僕も若い間は漠然と「農業なんて・・・」とハナから自分がやるものではなかったと思っていたし、実は今の高齢化している農業者も「若い人はやんねぇべ」とそう思い込んでいる。今僕が来ている農村でも、若いだけでありがたがられるし変人扱いだ(笑)。

でも一般的に言われている農家って、多くの場合コメ農家だったりする、コメだけで家族を養っている人は全コメ農家の一桁パーセントしかいないと思う。そうでなくて、野菜や果物では、やりようによっては稼げるというのを情報収集していて思った。

僕がタクシー運転手を始めたときも同様で、結局やりようによっては年400ぐらいは稼げた。それで真ん中あたりで、もっと稼いでる人も当然いる。運転手への景気インタビューで「全然あきまへんわ(なぜか関西弁)」という映像しか頭に残っていないから、「やらない人」の話が蔓延している。「それなりに稼げてますよ」という映像なんて、タクシー運ちゃんっぽくないからカットされてるんだよな・・・。元テレビ関係者の人が言ってたけど、「テレビは嘘は言わないけど本当のことも言わない。何にも言わないんだよ(笑)」との話は、今の情報社会では笑えない。

とりあえず、イメージに捉われないことが、逆に得することにつながるのでは、ということを強く言いたい。

 

僕は今就農の準備をしているが、もし一緒にやれる人がいたらぜひと思っている。「農業は1人で1の作業量とすると、2人だと3ぐらいにはなる。農業は1人ではキツいぞ」とずっと言われている。体力的にはきつい仕事だからそれは覚悟できる人。・・・とかいうと僕も覚悟できているかのように聞こえるかもしれないが、実は全くそんなことはないんだけどね。覚悟もなく来たけど、それなりにやっていけるんじゃないかと思っている。嫁さんがいれば一番いいけど、もし嫁さんがいても手伝わせたくないかな。

いわゆる個人事業の起業と同じなので、どうなることやら。農地のことや地域住民との交流が気になると思うが、真面目な人を評価してくれると思うよ、田舎の人は。マジメにコツコツやっていると結果は出るってことを身を持って体感してるからだと思う。

それに作物によってはだけど農閑期があって、意外とヒマな時間も多かったりする。主にお日様が出ている間の作業になるので就業時間は9時17時だったりして。色々調べてみると、「あれ、意外と楽・・・?」ということがあるかもしれない。

まぁペットを飼っているのが仕事のようなものなので、なーんにも世話をしなくていいという日はあんまりないだろうけど、共同でやったり会社にしてやってれば、ある期間は水の管理を誰かにお願いして自分は旅行に行ったり、ということはできる。そういう面でも、農村が共同体であったり組合組織であったりするゆえんでもあるのだと感じる。

 

と、新卒で就活をしている人にこういうのは突拍子が無さ過ぎる話だと思う。大学の就職支援課に行って、「農業をやりませんか?」ってビラが貼ってあっても99%見過ごすだろう。僕もそうだったし、その後就職に失敗してフリーターやったりひきこもったりした経験があるからこそ言えることだ。これからの日本の農業、どうなるかわからない面も多い。大規模化していくという話もあるしTPPもある。しかし逆に見るとチャレンジしがいがあるとも言える。

 

最後に学生諸君に

社会だから。この世に不要な人なんていません。そして疲れたら、周囲の意見をシャットアウトして、休んで海か山に行ってみて。自分に素直になれるのは、心を許せる相手の前か、それがいない人は自然に囲まれた場所がいいと思います。独りではないということを伝えたかったのです。