読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

元タクシー運転手から泥沼にハマった男のブログ

30代元タクシー運転手が農家になる途中

よく外国人に道を聞かれるのはなぜか?

その他

こないだ友人の結婚式があって地元に帰っていて、まぁこの歳になるとみんな結婚してしまっていて、やはりというか集まった中で独身は僕だけだった。

 

他の友人含めてももう結婚式に呼ばれることもないだろう、地元に帰ることももうほとんどないだろう。帰路での新幹線から見える景色が、今回は何となくいつもと違った。もう俺はあっちで根を張るのだ、と。

 

✳︎✳︎✳︎

 

タイトルは、その帰ってきた後の東京駅でのたわいもない話。

 

帰りのバスを待っている間、近くのコーヒーショップにいたら、隣の外国人男性が声をかけてきた。

「英語はできますか?」

みたいなことを言ってきたので、

「めっちゃ少しだけな」

みたいに答えると、

「この辺でスキーショップは無いですか?」

みたいなことを聞いてきた。

なんでスキー限定、と思いながらスマホで検索すると、大丸にスポーツショップが入っているらしく、

「そこのデパートメントストアにあるかも知れない。フロアーイレブン、でも売り場は小さいかも知れないぜ」

と答えた。

「そうですか、ありがとう」

と、お前そこまで真剣に探して無かっただろう感じで返答された後、

「ここが東京の中央部ですよね?他にいけば大きいのがあるのでしょうか?」

的なことを聞いてきた。

知らんがな、と思いながら

「神田にいけばビッグなスポーツショップが並んでるぜ、あっち方向だ」

と指差しながら答えた。

「そうですか。歩くと遠いですか?」

みたいなことを言うので

「バカヤロウ、日が暮れちまうぜ(後々考えるとそうでもない)」

みたいなことを言うと

「サンキュー」

と言っていた。

 

最後に

「どこにスキーに行くつもりだい?」

というようなことを聞くと

「?ザワ・・・オンセン。ナガノ。」と言っていた。

温泉地に疎い僕は、湯沢は長野だっけか?と思いながら、

「そうかい、ベリーナイス」

と言って、片手にコーヒー、片手に引き出物を持って颯爽とコーヒーショップを出たのだった。

 

あとから調べると、野沢温泉ってのが長野にあった。

 

 

✳︎✳︎✳︎

 

というようなピンポイントで外国人に道を聞かれることが多い僕。東京にいたときも、日本人に聞かれたのは1回だけど、外国人に声をかけられたのは10回ぐらいある。

 

タクシーでその英語能力は培ったと言いたいところ。が、残念ながら英語は中学生レベル。確かに都心では外国人のお客さん、1日1組はお乗せするかというぐらい結構多く、会話をすることもたまにある。しかし僕の口から出てくる英語は本当に簡単な単語を並べるだけ。

しかしそれでも充分伝わるんだなというのは勉強になったし、チップをはずんでくれた外国人観光客、結構いた。みんな異国の地で不安だったり困ったりしてるから、単語喋ってくれるだけで安心するのだ。

あと、密室でマンツーマンで話すから単語だけの中学生英語でも恥ずかしくない、というのが大きい気がした。たぶん、周りにもっと英語ができる日本人がいたらと考えると自分の英語が恥ずかしくなって、それが嫌で喋らないというのが日本人の気質で、それこそが日本の英語教育の諸悪の根源ではないかと気付かされた。恥は役にたたない。

 

で、なぜ外国人に話しかけられやすいのか。

これを考えたことが昔にもあるのだが、おそらく何かしらの外国人を惹きつける特有の何かがあるのだろうなとは思う。日本人からは話しかけづらいほうだと言われるし(悲しい)。

 

最近一つ思い当たったのが、「頭が前後に長い」こと。

何を言ってるんだと思うかも知れないが、ある時、昔ながらの商店街の眼鏡屋に入った時にそこの主人に

 

あなたは頭が外国人みたいに前後に長いから、メガネのツルの長さが足りなくなるんだよ

 

と言われたことがある。

へー俺の頭ってそうなのか、と思ったが、調べると確かに一般的な日本人は前後に短いらしい。「短頭」「長頭」という分け方があるそうだ。

 

 

はい、ただそれだけ。

顔のパーツ系統も外人系ではないし。他に見た目からは思い当たらない。今度聞かれたらその外人に聞いてみようとおもった。

 

「俺って頭が前後に長いかい?