泥沼ブログ

非農家から就農して、男一人で農業所得400万・時給2000円農業を目指します

時給の計算を間違えていた

半分自分用メモとして。

 

将来的な目標として、わかりやすく「年間農業所得400万円、年間労働時間2,000時間、時給2,000円」を掲げている。

今は前段階として現実的な目標で「年間農業所得300万円、年間労働時間2,000時間、時給1,500円」を目指している。そうすると、1分の給料「分給」に直せば25円になると思っていた。それは年間を通して平均したら間違いないのだが、農繁期に入って作業を詰めていくうちに、「あれ?なんかそれ安くない?」と感じるようになった。

 

農繁期(出荷日)と農閑期(管理日)で時給が変わる

これは農繁期・農閑期の違いというよりは、出荷している期間と管理している期間という分け方のほうがいいのかもしれない。つまり田まわりなどの管理作業を1分早くするのと、収穫・出荷作業を1分早くするのとでは利益が違うのではないかということである。農家の人が、管理時期はゆったりしているが、出荷作業は早回し再生のようなスピードになるのはこれが原因ではないだろうか。

収穫・出荷作業でしか売上(利益)は出ないので、これを速くできれば分給は25円より上がるのではないかという考え。

 

市場出荷の日数は僕の場合は160日。160日で年間所得である300万稼がなくてはいけないわけだ。日給で18,750円。

 

出荷日(おおよそ8月~3月の市場開市日):160/365=43.8%

管理日(おおよそ4月~7月+出荷期間の市場休市日):205/365=56.2%

 

出荷日で300万稼ぎ、管理日は0円。

ということは出荷日(期間)の実質換算年収は、6,849,315円になる。

えらいことです。出荷日の時給は1,500円の倍以上の3,424円になりました。

 

まとめ

出荷日の時給は3,424円、分給は57円

その理屈でいくと管理日の時給は0円、分給も0円になる・・・。でも時間を分母にして利益を分子にした場合はそれが正解なのか?

 

出荷の作業速度を速くすることはかなり効果があるということは確実だと思う。まず効率化を重視するべきなのは収穫・出荷作業ではないだろうか。1分の価値が農閑期と農繁期で変わるということ。

 

1分早めれば、同じ出荷作業を160日繰り返すので、

1分57円×160日で年収9,130円アップ。

10分早めれば年収91,300円アップ。

100分早めれば年収913,000円アップ。

 

頑張って効率を上げて年収100万円アップを目指そう!が自営業の合言葉です。大企業に勤めて年間ベア5000円もうらやましいですが、自営業で1分効率的にできる方法を探すのも、やりがいがありますよ!

 

 

※今回の「分給」「時給」「日給」「年収」は経費を引いた所得としての実入りとして書いています。また、作業はすべて一人でしたものとしています

 

※考え方とか計算間違ってたら教えてください