泥沼ブログ

非農家から就農して、男一人で農業所得400万・時給2000円農業を目指します

レンコンの台風の影響

先日、日本を縦断した台風18号ですがここ千葉県でも影響がありました。遠く離れた日本海を北上していたので大丈夫かなと思っていたのですが、深夜に大雨と大風が吹き、いわゆる線状降水帯のようなものが、雨雲レーダーに出ていました。

 

先日

f:id:peacebooks:20170920070350j:plain

光で見づらいですが、手前や法面際は比較的大丈夫で、中に行くほど葉が飛んでいます

 

ちなみに違う田ですが、去年の千葉に直接上陸して丸一日暴風雨だった台風の後1週間後の写真が下。それに比べると被害は少なかったです。

 

2016年夏

f:id:peacebooks:20170920070538j:plain

 

葉が飛んでしまうというのは、これから光合成するはずだった栄養源が無くなるということなので、基本的に地下茎の肥大は止まります。そういう意味では、葉が飛ぶ時期が早ければ早いほど影響が大きいということかもしれません。また、生育の盛りの時期に飛んでしまってその後高温多湿の時期が続くとあっという間に病気が蔓延するそうです。昨年の関東の不作はそういった影響があったのではないでしょうか。

師匠いわく、今回は早生系は特にもうある程度地下茎が肥大しているのでそう大きな影響はないのではとのこと。

葉が飛ぶ原因についても、肥培管理や病害管理の兼ね合い、また品種や生育の早い遅いもあるため一概には言えないような感じです。化成窒素の割合が多い田ほど弱い感じがしていましたし病気もよく出ていたような感じがしていて、台風で葉が飛んだ田もだいたいそれに沿った感じになった気もします。その代わりに夏場にたくさん光合成したので生育は早まっているため、ある程度の収量が出るのかもしれません。といって早まりすぎると今度は上がり(腐り)が速くなるため年末に掘ると収量は減るかもしれません・・・などなど。

一番上の田などは、土手だけは風が避けられるから葉が残ったのかもしれないし、農薬がしっかりかかったのが周囲だけだからかもしれないし。まだまだケースを重ねないと判断できません。加えて先輩たちの情報を取り入れながらやるしかない、という感じです。

台風だけはいつ来るか分かりません。それを予測できないため、リスクヘッジとしてはいろんな品種を植えていろんな栽培方法でやるのがいいのか・・・。できるだけ丈夫な作物体をつくるというのは一番重要なんでしょうね。