泥沼ブログ

非農家から就農して、男一人で農業所得400万・時給2000円農業を目指します

れんこんの収益について、茨城の例ですが掲載されています

 

農業において「産地」と呼ばれる地域があります。レンコンの場合は茨城県の霞ヶ浦周辺が、日本で一番の作付面積と出荷量を誇るレンコンの産地です。

「れんこん三兄弟」という会社があります。名前の通り兄弟三人を中心にレンコンの栽培・販売をしている人たちです。僕もレンコンを始めるまで知りませんでしたが、知っている人は知っている、情報を頻繁に仕入れているレンコン農家は当然のごとく知っている有名なレンコン農家法人です。僕のやっている面積の20倍を経営されています。

記事は有料ですが、108円なのでクレジットカードを持っている人はぜひ読んでみてください。ビジネス誌の記事だけあって、数字(お金)の話が詳しく出ており、参考になりました。

 

***

 

今年も思ったよりレンコンの値段は下がっていないようです。

僕の師匠いわく、「今年は意外と豊作だったはずなのに彼岸明けてからもそこまで値段が下がらねぇな。おそらく生産者が減ってるんだろうな」と言っていましたが、僕は需要も上がっているのではないかと感じます。

「レンコンと言えば年末とかハレの日に食べるどちらかというと高級品」というイメージがこれまであったようです。食べ物というのはおいしいかまずいか、食卓の上の素材、というイメージだったのがこれまでの農産物(僕がただの消費者だったときは、それすら無いぐらい、イメージが薄かった)。

しかし今は、食材も「健康にいい悪い」というイメージ、機能性食品として、ブームというか関心事、特に若年から中年の人の間でイメージを持たれているように僕は感じています。加えて「年末にレンコンを食べるという文化」も徐々にですが廃れてきているはずです。おせちだってみんな買う人が多くなっているでしょうし、レンコンがそこに入るかどうかも不透明。

環境問題が20世紀末に問題提起され、21世紀に入って健康志向が進みました。貧乏暮らししているとなかなか心がそこまで回りませんがそれでも、今は子供でも当たり前のようにゴミを分別している社会。「ジャンクフード」という言葉さえなかった時代からすると時代が変わっているとは思いますね。